レッスンとアンティークレース

  • 2017.03.30 Thursday
  • 21:42

ここ数日、家庭の用事で上京しておりました。

せっかくの春休み、自分のことも予定にいれたいと鶴見でM先生のレッスンを受けて参りました。

前回からとても時間が経ち超久々だったのですが、本当に先生は親切丁寧です。

私が「教わりたい」と希望した方は、技術はもちろんですがお人柄も出来た方です。

お昼は先生自ら作って下さった美味しいサラダを頂きました。

素敵なテーブルセッティング、美味しさに夢中で写し忘れたので・・その時つけてくださったナプキンを。

 

 

それから、今回は銀座の画廊で開催されていたアンティークレース展に行く事も出来ました。

M先生のご友人でフランス、パリのマレ地区在住のマダムが年に1回日本に帰国されて開催されるもので、偶然期日が重ねって行く事ができたのです。

銀座の画廊に足を踏み入れたとたん、アンティークレースやアクセサリー、リネンのドレス、カードやお花etc・・私は時間も忘れて見入ってしまいました。

 

色々迷って、長方形の大きなドイリーとイヤリングを連れ帰りました。

 

たくさん、様々なレースが使われていて手のこんだ1枚です。

 

楕円や円形のドイリーはいくつか持っていますが、矩形は初。

 

私はピアスはしないのですが、今時の販売はイヤリングのほうが品薄です。

アンティークの方が可愛いデザインのイヤリングが多い気がします。

なので、春の空色に一目惚れでした。

 

 

少しずついろんなことが変わって行く春

素敵なモノの力をかりて気持ちをあげていきたいです!

 

 

 

 

 

かめだ梅まつりにいく

  • 2017.03.26 Sunday
  • 23:50

今日は珍しく1日晴れ

ふらりと「かめだ梅まつり」に行ってきました。

あの、美味しい「藤五郎梅」の発祥の地です。

新潟市江南区役所に車をとめて、マップをいただき梅の路を散策します。

大きな通り沿い、民家の脇の路地を抜けた先、様々なところに梅林が出現してとても素敵なウォーキングができました。

 

梅の木はとても硬そうで朴訥とした形でありながら、どこか水脈の音が聞こえるような澄んだ空気をまとっているな、と感じました。

 

順路の途中、萩曽根神社では梅ジュースも振る舞われていていました。

ジュースも美味しかったけれど・・その瓶の底にあった3年シロップにつけた藤五郎梅をスタッフのおじさんがくださり、それが超超美味しかったです〜〜ほっぺたが落ちそうでした))))

もちろん梅干しも購入して帰りました!

 

家に戻ると柔らかな西陽のもと、庭の片隅でいつの間にかクリスマスローズが満開となっていました。

春です。

 

 

 

ラスター彩の不思議

  • 2017.03.25 Saturday
  • 10:00

不思議な輝きを放つラスター彩

焼成前と後では、とても色が変わります。

 

焼成前、ミニチュアプレートに。

 

焼成後、爽やかな水色に!

(背景のお皿は英のアンティーク)

 

美しい色合いを目にすると、どこにどんなデザインで使おうかワクワクします。

 

仕あげたけれど・・・

  • 2017.03.23 Thursday
  • 20:39

昨年、個展前に途中まで描いてタイムリミットになり、そのままにして越冬してしまったプレート

 

このままではいけないと、出来る限り焼成回数を少なくできるように描き込む。

ヨーロピアンの速乾性は上から重ね描きできるのがよいところ

 

筆で描く以上にある意味難しいのがパディング

ムラなく均一にグラデーションをつくるのは、微妙なコツがある。

 

ピンクの薔薇編も加筆していく

 

ようやく2枚完成・・・とホッとしながらふと気がついた事

「ササ、サインを裏に入れ忘れとる〜〜〜!!」

焼成回数を減らすべく努力したのに〜〜〜〜はい、もう1回焼成します・・

ほんとうにそそっかしいわたしです。

 

 

 

ユリの帯留め 1

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 21:22

オーダー作品のユリの帯留め、制作中

 

このあと焼成して、また少し描き進める

 

焼成してから背景に色を入れる予定

お菓子のパッケージ

  • 2017.03.21 Tuesday
  • 22:40

最近頂いたお菓子のパッケージがとってもお洒落だったのでおもわずご紹介。

 

これはフランスのお菓子

柔らかい色合いの丸いボックス

の中は、色ごとに違う味のシロップが入ってる可愛いボンボン

お洒落〜〜

 

このかわいい柄はマッチ箱、大きさもマッチ箱

中は・・実はお菓子です!

北海道のお菓子屋さん「十勝菓子工房 菓音」のスイーツ

ちっちゃくてもバターの味もして美味しいです。

 

 

それから、もうひとつ、パッケージはフツーでしたが

神戸のコムシノワ「チョコレートトフィー」

超超超美味しかったです、あまりの美味しさに写真撮る前に完食でした・・

 

 

 

ブルーウィローを補修する 2

  • 2017.03.19 Sunday
  • 10:48

持ち手が取れて破損したカップの修復つづきです。

施釉されていない部分に盛り剤をおいて焼成しました。

 

いつものようにきれいな盛りの形にはならず。

盛り剤のパディングの上にまた点描で盛ったので、こういうこともあるかもです。

で、カバーすべく紺色で絵柄を描き込んでみました。

 

 

盛りの上の上絵付けでしたので、若干の絵の具の縮れはありましたが

かなり近いブルーになりました。

 

自分で使用するものとしては、まずまずの補修具合となりました。

何より欠けた食器が生き返って嬉しい。

ほうじ茶とバタービスケット。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

絵付け にほんブログ村

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM