ミナトくんへ

  • 2018.08.19 Sunday
  • 08:50

仲良しの友人のお嬢さんの出産祝いをつくる。

 

美人で頭も良く気だても良く、と全部そろったお嬢さんは、仕事のあった日でも

よく「ママ友飲み会」に夜遅くでもアッシーでかけつけ、家まで送ってくれた。

そんなお嬢さんに、男の子「湊くん」誕生!!嬉しいな。

 

カモメと魚は手描き、あとは転写をアレンジ

 

おばちゃんは、「呑んだ後は自力で帰宅する!」と決意を新たにしました。

がしかし!

美人のお嬢さんは、実はそっくりな双子なのです・・

先日の飲み会では、もう1人の双子のお嬢様がまた夜に車でかけつけ下さり・・

昼間はテレビに出てアナウンサーをしているお嬢さんに、呑んだくれたおばちゃんを送らせてしまった。

申し訳ないのう〜〜長生きはするもんじゃのう〜

 

 

 

あかむらさき、あおむらさき

  • 2018.08.17 Friday
  • 18:39

紫色の表現は難しい、と最近よく思う。

一度焼成したものに

描き進めるけど、速乾性のオイルを使ってるので

混色も描写もさささっとはやく描いて決めないと、絵の具がもたついてへんてこになる。

先日、友人がグランドホテルの季節限定かき氷をたべに連れていってくれた。

赤く見えるけど、赤紫のベリーの色、美味しすぎ・・・

桃や抹茶など3種類あって、私はヤスダヨーグルトバージョンを選んだ。

ふわふわのかき氷部分は、ヨーグルトアイス、上にフロマージュみたいな濃厚ヨーグルトがのってる。

生まれて初めて!!かき氷を完食した!

感激の赤紫かき氷。

スズランで考える

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 10:22

スズラン柄のケーキプレートを作ろう、とデザインを考え始める。

トレペに形を考えたけど

 

 

イメージをはっきりさせるために、水彩で色を付けてみる。

 

 

また悩む。

 

 

点の盛り

  • 2018.08.14 Tuesday
  • 09:48

ミニチュアプレートに白いドットの盛りをする

 

 

バラの絵付け・バラの背景に白いパディング・ドット盛りをまとめて1回の焼成ですませたい。

暑いし、最近また雷注意報が多いし〜

金沢・能登へ  3

  • 2018.08.13 Monday
  • 10:09

今回宿泊したのは、能登半島の羽咋にある「ペンションクルーズ」

実はここは30年前にも一度きたところ(昭和最後の年だった、今年は平成最後!)

その頃は、まだ絵付けを始めていませんでしたが、こちらの美味しいお料理と食器使い、

なにより暮らしの中に食器がお洒落に溶け込んでいる様に、大変良い影響を受けたと思います。

 

ペンションの中はどこも素敵です。

 

朝食をいただく前に、素敵なテラス前のお食事どころ

 

その他、落ち着いた照明の広いリビング、一部。

 

 

そして・・またやってしまった・・・

自分でも作るのに食器購入、大きなカフェオレボウル

 

 

こちらのペンションでは雑貨も販売されており、以前にはなかったカフェレストランも増築されていました。

オーナーの娘さんご夫婦が経営されてます。

ファンの多い所なんですね。

 

おまけ

羽咋では他に美しいものに沢山出会いました。

重要文化財の妙成寺

 

 

ペンションのオーナー様が能登の夕日を見に連れていって下さいました。

30年間のお話をお互い沢山できて、思い出深い旅になりました。

 

 

 

金沢・能登へ  2

  • 2018.08.12 Sunday
  • 10:10

金沢続きです

東茶屋街は、風情ある街並が続き、徒歩で魅力を堪能できる楽しい所でした。

まずは、国指定重要文化財『志摩』へ

ここはお茶屋の建物で、遊芸を主体とした粋なしつらえになっていました。

 

 

壁の赤が、日本の木や畳の色とあっていて

対照的に中庭の緑が目に映えました。

 

様々な建築物を見る時に、お台所はやはり興味がわきます。

お料理はお取り寄せだったそうですが、流石に塗りの器が並んでいる様は歴史と文化を感じさせます。

 

素敵な器も展示されていて、虫眼鏡付きだったので配偶者そっちのけでじっくり

 

この後訪れた、茶屋街の何軒かの骨董やさんにも素敵な塗りが沢山で

ぜひまた来たいと思いました。

 

記念に小さな九谷のお猪口をひとつ

自分でも食器をつくるのに、月の絵柄だとつい・・

鳥は金彩のうえにオンゴールドで色が入っていました。

 

このあと能登・羽咋へ 続く

 

金沢・能登へ  1

  • 2018.08.11 Saturday
  • 09:50

一泊二日で金沢・能登方面にいってきました。

きっかけは、21世紀美術館で開催されている「Ay Tjoe Chyistine(アイ・チヨー・クリスティン)」をみたいと配偶者が言うので。運転手決まり。

開館時間前に到着したのに結構な人、しかも現代美術の展覧会でこんなに人が集まるって?

あらためて立地良い人気の美術館だと感じました。

 

Ay Tjoe Chyistineは、インドネシア生まれの作家

カタログ買わず、絵はがきも売ってなかったので画像はありませんが、赤の使い方が美しく

見ているこちら側まで「絵が描きたい!!!」って気持ちにさせる、前向きな心を呼び起こさせる力のある作品

 

同じ美術館で偶然開催されていた日本の作家の個展がまた良かった

「NANAKARAGE Ayano」さんという方の木彫の作品

 

不謹慎にも「こういうブローチ欲しい」と思ってしまった(笑)

 

しなやかな布とミイラのような表現、これが何故か心地よい美しさ

 

この後は、金沢は何回か訪れているけれどまだ行ったことのない「東茶屋街」へ

行きたかったカフェで「ほうじ茶パンケーキ」

中はふっくら、外はカリッとした食感にお豆とクリームと嬉しくなる添えのお味でした。

 

塗りの器は甘味も引き立てます。

 

続く

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

絵付け にほんブログ村

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM