いろんな青のブルーウィロー

  • 2018.10.20 Saturday
  • 10:11

昨日は久々のオフ、お出かけ日和の中、友人と越後線に乗って素敵なお宅をご訪問

電車から見える風景は、稲刈りのおわった広大な田圃と秋の山、秋の陽射しで美しく見えました。

 

お邪魔したお宅の友人は、たくさんの食器コレクションをお持ちで!

その中で、私がはりついて見入ってしまったのは「ブルーウィロー」のコレクション

 

深いお青の四角いケーキ皿

 

金彩が美しく響いているカップ&ソーサーのソーサー部分

 

淡い青のカップ&ソーサー

 

海のような爽やかな青のシュガー&クリーマー

 

あまりみたことのない、ウィローパターンの四角いふたもの

フタ中央の絵柄もめちゃかわいかった!

この他にもポットや大皿など沢山の形や色のウィローをお持ちで、

見ていてワクワクでした。

 

楽しい時間のあとは、お手製の焼きリンゴまで出して下さり・・絶品で美味しかった!

私は初めて頂いたクスミティー、とても良い香り

 

 

美しいもの、美味しいものに癒された、大満足の秋の1日でした。

友人たちに感謝です!

 

おまけ、この日私は友人所有の「ハープ」まで弾かせて(触らせて・笑)いただいたのです。

人生、初!!!体験でした。

 

ブルーウィローに夏の庭

  • 2018.09.09 Sunday
  • 09:02

我家のギボウシの中には、8月後半に咲くタイプがあります。

 

 

 

けっこう花期が長くて、9月に入ってもさいています。

けれど、ここのところの大雨で今朝は倒れて薔薇の枝に寄りかかってた。

 

この夏にネットでみつけて我家にきたウィローのポット、英アンティーク。

形が縦長だったので、ポットとして使うよりお花をいける目的で。

 

 

もう夏もおわり、薔薇によりかかっていた、夏の名残のお花を。

 

 

 

 

 

ブルーウィローのティータオル

  • 2018.09.06 Thursday
  • 08:06

先日、美術館のショップで見つけたティータオル

ウィロー好きなのでおもわず購入

 

柄が現代風にアレンジされてるのが面白い

 

 

お屋敷の庭でお茶会を楽しむ方々

 

橋の上は、従来の悲恋物語とはほど遠く、釣りしてる。

 

販売元は「re-wrap」という、インドの女性たちの尊厳と経済的な自立を支援する団体で、

100%オーガニックコットンを使用するなど、質の高いデザイン性の高い製品を作っています。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

絵付け にほんブログ村

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM