お気に入り陶器

  • 2014.03.20 Thursday
  • 21:28
これは以前購入した、陶器にハンドペイントで着彩してあるピック入れです。
フランスのもので、「ナッツ好き」の私は一目惚れして買いました。
色づけが素晴らしいのです。



でも、これに入るピックで気に入ったデザインには、なかなか出会えません。
なので、マニーの木彫りフォークを入れています。


ナッツやチェリーを見ていると、底なし沼のデザートへの欲望が湧いてくるのです・・・
食器は生活と共にあるなあ、と感じます。


 

ノーベル賞晩餐会のカトラリー

  • 2013.07.28 Sunday
  • 20:21
私の住んでいる新潟市から車で30分程のところに「燕市」があります。
金属洋食器(主にカトラリー)の産地で、なんと国内生産シェアは90%になります。
その燕市で、ノーベル賞の晩餐会に採用されているカトラリーの展示があると知り、
カトラリー好きの私、いってきました。


燕市の山崎金属工業の制作したカトラリーです。
権威あるノーベル賞、と聞いて堅いデザインをイメージしていたのですが・・


なんて素敵なんでしょう!
格調高く品がありながら、晩餐会を心から楽しめる空気を醸し出すようなユーモアと
心を和ますデザイン。
「素敵・・」と見入ってしまいました。
手に持つことはできなかったけれど、きっとお料理や会話を引き立てる使用感なのでは?
と、改めて「食器」の意義など考えさせられました。

記念に同じ山崎金属工業製のフォークを2本購入してまいりました。
デザインと、手に持ったときの重さがとても心地よくてこれにしました。


もうひとつ、同じ燕市の会社「サクライ」製のカトラリーセット「ミュシャ」も購入。
そうです、先日観た展覧会ミュシャのデザインを取り入れたアールヌーボーを思わせるカトラリーだったので、急に欲しくなり。

他にも燕には沢山の製造元、会社があります。
日本の、「燕」の金属製品は素晴らしいのです!

バターナイフ その2

  • 2013.07.07 Sunday
  • 18:00
カトラリー好きなので、時々自分でも作ります。
これは以前作ったバターナイフ
白磁の部分に絵付けして、焼成してからナイフに貼付けました。
昨日のアンティークに比べて女の子っぽいデザインです。


大好きなパンジーを中心に、ナイフの金色に響くよう、ブルー系の小花を描きました。


香りのよい紅茶とパン・・なんて言う組み合わせに使っています。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

絵付け にほんブログ村

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM