映画「テネット」を観る

  • 2020.09.21 Monday
  • 14:26

先日、人生初の途中退館したあの映画のリベンジ(笑)で、シルバーウィークは「テネット」鑑賞

 

とっても面白かった!(ざっくりというと、007みたいな系統と思う。)

でも007より、もっと複雑で映像と時間が前後する物語がよくできてる。

これ観終わった後は、後ろ歩きしたくなります〜〜

 

タイムマシンものは苦手なんですが、監督がクリストファー・ノーランだったので・・

バットマンシリーズでも特に秀作と思った「ダークナイト」を撮った監督

以前みたインセプション、インターステラーなども。

どれも独特の色合いと世界を持ってる。

 

お話ははっきり言って理解するのが難しい、なんていうか・・・あの時間が前後するドラマ「仁」がなんてわかりやすい時間軸の説明だったんだろうって思う感じの難しさ

でも、どんどん吸い込まれていって長時間があっという間でした!

 

絶対に映画館で観た方がいいタイプの映画

 

あと、主役に絡む綺麗なおねーさんが10等身くらいのスタイルでびっくり

お姉さんと人類の存亡と同じ重さらしいところが、ちょっと007のようだと言ったわけデス!!

 

 

 

邦画2作品 

  • 2020.09.14 Monday
  • 10:00

ようやっと忙しさのピークが過ぎ、昨晩は映画を観に行きました。

配偶者が「面白そう」という大林宣彦監督の「海辺の映画館」

 

良かったという感想の方には大変申し訳ないけど

私は人生で初めて!!映画館を1時間で途中退席しましたですよっ!

 

映像も音響も台詞も脚本も美術も、全部私には不愉快で耐えられなかったです。

感動的なラストがあったとしても、あれ以上座ってみていられませんでした。

 

反戦というメッセージを加味しても、ついていけなかった。

 

ちなみに大林監督の尾道3作品とか、本当にものすごく好きなんです!

何度も見直した作品もあります。

でも今回の映画は、別次元の作品でした。

 

ま、配偶者も「誘ってごめんね」と一緒に退席したので、私の好みだけではないと思うのですが。

 

 

それから忘れていたけど、この夏観た邦画がもう一つありました。

「アルプススタンドのはしの方」

 

こちらは爽やかなストーリーで、及第点の映画です。

感動もあります。

自分が甲子園球場にいるような気持ちになりました。

若者の方が心に響く映画かなあ。

 

あんまりこの手のマイナス感想はブログに書かないようにしてるけど・・・

なんせ人生初めての途中退席だったので(笑)自分でもびっくりぽん!!

 

映画「若草物語」を観る

  • 2020.06.20 Saturday
  • 00:06

ずっと観たいと思っていた映画「若草物語」

バイト先の英語の先生も絶賛だったので、思い切って観てきた。

 

夜8時からなら空いているような気がして、配偶者兼運転手と映画館到着

入館前に体温も測る、ワタシ35°7(冷たい人です)

なんと観客は我々二人だけ・・・ヤッホ〜

 

最初は時系列が目まぐるしく、4姉妹が賑やかで

「えっと、小学生の頃読んだ若草物語って、どんなだっけ????」

と頭がぐるぐる。

もしかしてつまらない映画だったら・・・とちょっと不安になりつつ観てた

 

でも、この前半が、後半いっきに吸い込まれてしまう魅力と感動に繋がってた。

そしてアカデミー衣装賞も取ってるドレス、お洋服の美しさ

衣装だけでなく、室内の壁紙や家具、食器に至るまでや自然の緑、街中の喧騒、全てが美しい色合い

ピアノの音色も心に染みました。

 

人生は長く短く、ミラクル。

最後も、こんな時だからこそ、前向きな気持ちになれる終わりかた。

 

脇役もとても豪華でした。でも飛び出してない表現力はさすが

メリル・ストリープは貫禄だし

ローラダーン、スターウォーズで艦長してたのに素晴らしい母親演じてました!

 

お勧めです。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

絵付け にほんブログ村

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM