ワイエス展に行く

  • 2019.12.06 Friday
  • 15:00

新潟市美術館で開催されている

「アンドリュー・ワイエス展」に行ってきました。

 

 

あの名画「クリスティーナの世界」に登場するお家、オルソンハウスに纏わる水彩画やドローイングの展示でした。

思っていたより、10倍くらい良くて心に染みいる作品でした。

 

まるでアメリカのオルソンハウスのあるメイン州の風の音を聞いて旅してきたような

同じ場所を写真で撮っても、絶対にワイエスの絵のような美しさは出せない、そこに絵を描く意味があるような

絵の前に立つとアイリッシュの笛の音が似合うなと思ったり。

 

オススメです。

 

まずい、ヒジョーにまずい!

  • 2019.12.02 Monday
  • 12:01

最近面白くて観ているドラマ「同期のサクラ」

主人公のサクラさん、新潟出身で困った状況になると呟く台詞

この気分です。

3月の個展に向けて、作品数を増やさねばと「ヒジョーにまずい」と言っていたのに・・・

 

先日、本のページをめくっただけで、右手甲の筋を痛めてしまい絵が描けません。

しばらくは、手の外科で処方された器具をつけて安静です。

ヨヨヨ〜涙

 

で、気を取り直し

足腰は元気なので、帰省した折、美術展など観て回りました。

 

その1、新国立美術館で「東京アート工芸展」公募展

磁器絵付けをはじめ、レースドールなど様々な作品が多数。

技法も世界観も様々で、ああ、こんなに皆さん工夫して表現されてる〜と勉強になりました。

友人、知人の作品を思わず発見すると、嬉しくなります。

 

その2、渋谷文化村「リヒテンシュタインの至宝」展

油絵のほか、食器や陶板もかなりあり、ものすごく良かった!オススメです。

撮影okコーナーから

 

至宝ですからね、豪華。

 

そして美しい

 

カップのソーサー、籠の網目の向こうにもお花が描かれてる!!

 

お花の油彩画もため息の美しさ

 

かなり質の高い展覧会でした。

 

ああ、絵が描きたい。お婆さんになっても描きたい。

くよくよしても始まらないので、今日から私は「左手教育モード」に入りました。

もちろん、このブログも左手投稿

脳も刺激されて、賢くならないかしらん??

 

 

「乙女のデザイン」展にいく

  • 2019.10.31 Thursday
  • 21:25

今日は秋晴れ

万代島美術館で開催されている「乙女のデザイン」展に行ってきました。

 

 

明治末から昭和初期までの書籍、挿絵、ポスター、絵葉書、広告類など、

レトロで可愛い、今見てもお洒落な図像の数々が展示されていました。

文で説明するより、展示の一部はこんな感じ

 

 

夏目漱石やら文豪の本、子供向けの本、乙女向けの雑誌など、表紙デザインやイラストの可愛く美しいこと!

本の表紙が布地でお花の図案がプリントされていたりと、うっとり見入りました。

 

びっくりしたのは、好きな油絵画家「藤島武二」がすごくモダンなデザインで制作していたこと。

富本憲吉のグラフィックデザインまであって、あれれ、できるお方は多彩だと実感。

それから上の写真にある「絵封筒」、たくさん展示されていて、そのどれもがめちゃ可愛い。

 

思わずポストカードを購入してしまいました。

 

 

中央の人物イラストは竹久夢二が、三越デパートの雑誌用に描いたイラスト

夢二、あまり好みでない画家だけど、これはとても好きにな絵でした。

 

あんまり会期が長くなくて、宣伝も今ひとつだけど

好きなお方には「ツボ」の展覧会です!

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

絵付け にほんブログ村

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM