金沢・能登へ  2

  • 2018.08.12 Sunday
  • 10:10

金沢続きです

東茶屋街は、風情ある街並が続き、徒歩で魅力を堪能できる楽しい所でした。

まずは、国指定重要文化財『志摩』へ

ここはお茶屋の建物で、遊芸を主体とした粋なしつらえになっていました。

 

 

壁の赤が、日本の木や畳の色とあっていて

対照的に中庭の緑が目に映えました。

 

様々な建築物を見る時に、お台所はやはり興味がわきます。

お料理はお取り寄せだったそうですが、流石に塗りの器が並んでいる様は歴史と文化を感じさせます。

 

素敵な器も展示されていて、虫眼鏡付きだったので配偶者そっちのけでじっくり

 

この後訪れた、茶屋街の何軒かの骨董やさんにも素敵な塗りが沢山で

ぜひまた来たいと思いました。

 

記念に小さな九谷のお猪口をひとつ

自分でも食器をつくるのに、月の絵柄だとつい・・

鳥は金彩のうえにオンゴールドで色が入っていました。

 

このあと能登・羽咋へ 続く

 

コメント
瀬戸・多治見。超暑そうですが、素敵なブツも多そうで(笑)楽しそうですね!
そう、食いつきどころの絵柄ってありますよね。
このツボの絵柄に出会うと制御できない〜〜
見える所に置きたいけど、でもでも、この我家のどこにおきましょうか〜〜です。
  • つきゆり
  • 2018/08/13 9:17 AM
金沢に行かれたのですね。
ちょうど同じ頃、私は瀬戸〜多治見に行っていました。
暑かった!(笑)
自分でも食器作るのに、絵付けの器を求めてしまったのは同じです〜。(大笑)
私の喰い付きどころの絵柄は、やっぱり鳥さんです。
  • リトルガーデン
  • 2018/08/12 9:19 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

絵付け にほんブログ村

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM