映画「ファースト・マン」を観る

  • 2019.02.09 Saturday
  • 21:08

日本中寒波、新潟ももちろん外は白

でも朝からお出かけ

 

いつも映画評をみてる配偶者が、前から「これみたい!」といってたのが、ようやく公開したので同行してあげる。

そんな訳で、どんな映画か予備知識ゼロのまま、はじまる。

「ファースト・マン」

 

すぐにどういう意味かわかった!

月に最初に降り立った、ニール・アームストロングのお話だった。

あの「人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である」のひと。

 

すごく才能あふれた、人並みはずれた能力のアメリカ勝者、偉人を讃える話かと思ったら、全然違った。

もっと内面のストイックな、深い、人間の心の深淵に触れるような内容で

とてもとても良かった・・・・

 

長い上映時間でも飽きず、僅かな時間に登場する「子供たち」が、なんとも愛おしい!!

そして、もちろん「月」や「宇宙」の描写も美しい

 

アームストロングが、宇宙飛行士を選ぶ面接で「探検するためが目的でない」と言っていたのが印象的。

人間の求めるものは何か、と問いかけてるような映画

 

そして、これは映画館で見た方が良いです〜

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

絵付け にほんブログ村

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM