ウィリアムモリスと英国の壁紙展に行く

  • 2020.05.17 Sunday
  • 22:03

ずっと楽しみにしていた展覧会「ウィリアムモリスと英国の壁紙展」

プレオープンのチケットもゲットしていたのに・・・今年の悲劇で美術館が閉じてました。

それが、新潟県では月曜から県立美術館が解除

とはいえ、慎重に行動しなければならないので、一応「どの時間が空いているか」と昨日、美術館に問い合わせてみると、

9:00~10:00と12:00~13:00が少ないとのことで、会期も31日までなので、頑張って早起きして行ってきました。

 

 

我が家から車で1時間少し、長岡にある県立近代美術館へは9時前に着いたので、今日3番目の入場者になりました。(その時間は空いていました!)

いやあ、美しかった!!!

久々に何もかも忘れて見入りました。

 

購入した図録から

モリス以前のもの、大好きなリボンの表現

 

天使もシックで柔らかな色合い

 

もちろん、モリスデザインは「大好きだ〜」と心で呟き続けて観賞

 

思いがけず、子供柄なんかもあって、愛らしい図案

 

大きなブロックを使用しての印刷工程も展示してあり、わかりやすかったし、

モリス柄で作ったお部屋の展示なんかもあり、写真OKでした。

 

今回楽しみにしていたミュージアムショップは、閉まっていました。

図録も事務室に行って購入する仕組みです。(ネットで買えます)

図録印刷の色も綺麗に出ているな、と感じました。

 

やはり、美しいものは心を豊かに、幸せにしてくれます。

モリスの言葉「役に立たない物や、美しいと思わないものは家に置いてはならない」とありますが、

日々の生活に「美」をという考えを体現したモリスは、偉大な芸術家だと改めて思いました。

 

余談

また一つ、モリス柄ポーチを仕上げました。

パープルの苺泥棒柄。

これも生活の一部ですね。

 

行動に気をつけながら、時には辛いニュースから離れて、美しいものに出会うこともとても大切と実感した1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
リトルガーデン様
風呂敷柄・・・大爆笑!
そう、今回の図録は割と綺麗な色でした。
この度の救済措置で、ドイツが芸術家に手を差し伸べている、のは結局国民に返って来る「何か」の為であると思いました。
こちらは一足先の解除ですが、私は4月になってからまだ外食なし〜〜
ようやく2ヶ月ぶりに昨日、蔦屋に雑誌買いにいったら・・・
マスクとアルコール除菌ティッシュが山積みで驚きました!
  • つきゆり
  • 2020/05/18 9:07 PM
美術館がオープンしたんですね。
こちらは、まだ非常事態継続中なので羨ましい〜。
やっぱり後の日程が決まっているから?
ずっと閉館していても、会期が延びる訳じゃ無いのね。モッタイナイネ。
美しい物、見たい〜!
週に2度程チャチャッと食料の買い出しだけでは、心が荒んできます〜。
一見無駄な楽しみが、どれだけ生活に彩りを添えてくれてたのか実感中。
そ言えば、私も先日「苺泥棒」の色違い、グリーンのスマホケースをポチットしたのですが。
印刷ってコワイ、届いた物は風呂敷柄にしか見えなかったデス。(笑)
  • リトルガーデン
  • 2020/05/18 6:47 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

絵付け にほんブログ村

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM