流行の本を読んで帰る

  • 2017.05.17 Wednesday
  • 22:09

自分の私物がない所で1週間暮らすのは微妙に退屈なときがありました。

で、息子が読み終えたという今はやりの本「君の膵臓をたべたい」をかりて読みました。

「あんまり期待しない方がいいよ」といわれ、そのつもりで。1日で読み終えました。

 

不覚にも終盤泣いてしまいました。

本を読んで泣いたのは久々です。

あ、これはレクター博士のような猟奇的な話ではありません。

 

内容の感想は避けますが、文章は限りなく素人に近いです。

伏線というには浅すぎる構築

もっとブラッシュアップさせてから作品にするべきかと。

病院の本棚にあった、小川洋子「アンジェリーナ」も読みましたが、こういう文章がプロの作家だとも感じました。

 

でもですね、「キミスイ」は何故か泣いてしまいました・・・

人のツボは色々ですね、映画「この世界の片隅に」では一滴の涙も出なかったんですが。

 

久々に新潟に帰ると、今年の初薔薇が咲いていました。

「るる」という名で花びらの内側の方が濃いピンクの薔薇

 

コメント
yurinさま

先日はありがとうございました。
今時は、病院の中に図書室があって漫画なんかもどっさりあるんです。
本はいいですよね。

置物、って考えたら受け取った方のスペースを必ず使うものですよね、考えちゃいます。
洗剤、めちゃよくて感謝です〜〜
  • つきゆり
  • 2017/05/25 4:43 AM
病院の時間の流れ方って独特ですよね。うちの子供たちがよく入院していたころは、図書館無かったので世の中は、すこーし良くなっていますよね。読書できるだけでもね。

”風神雷神”どうですか??俵屋宗達のお話だし、緊迫感良くないですか?
図書館の本を返しに行くのでご紹介の本、あったら借りて来ようと思います。
白いスクエアの食器、お洒落だわ!センス良い!
高かっただろうス○ロフスキーの置物見るたびにがっかりが止まりません(´;ω;`)ウゥゥその予算あったら、買いたいものあるのにね。
  • yurin
  • 2017/05/24 11:58 AM
bossさま
ありがとうございます。
そうでしょう、母の心知らずですっっ!
手術のあと、高熱が続いて(お友達が来たときだけ解熱剤がきいたらしい・・何故だ?笑)私は心労でした・・でもおかげさまで昨日から快方にむかっています。
いく前は、息子の調子が良ければ、バラの時期だし是非bossさんに連絡とろう、とか1日は西武球場のバラフェアに行きたいな、とか色々思ってたんですが、思いのほか
疲れてしまってダメでした・・

  • つきゆり
  • 2017/05/18 10:28 PM
坊ちゃん大変でしたね。1週間はたいへんでしたでしょう? 素敵なママなのに何て奴だ!なんちゃ〜って(^^;)
楽しい時間を過ごされたご様子、お会いしたかったなぁ
  • boss
  • 2017/05/18 8:18 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

絵付け にほんブログ村

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM