私の先生 KPM-3

  • 2017.06.18 Sunday
  • 11:27

昨年末の個展が終わってから、そろそろ本格的に制作しようと思いつつ

方向性が定まらずになんだかぼんやり。

制作に行き詰まったときは、模写をすることが多いです。

で、最近KPMのプレートをじっくり眺めつつ模写して学習

 

焼き上がった習作

 

一度めの焼成で

今回は、カーネーションの赤のラインを先に描いてみた。

 

二度目の焼成でも赤は奇麗なままだった。

 

出来上がって、本物と比べるとまだまだまだ・・・

自分の線は、なんて太くてがさつなんだと気付く。

そして、実物は風に花が揺れるような躍動感のある細い線だ。

添えの小さい葉でもそうだ。

ワンタッチの筆運びで、花びらの影が気持ち良く決まっている。

まだまだまだ・・修行は続く。

 

コメント
リトルガーデン様
いえいえ〜〜私のはただのぐうたらぼんやりですっ
制作に追われて多忙な時ほど、沢山こなして振り返れば実りも大きいのではないでしょうか。
締め切りがないと寡作な自分に今頃気付いてますっ汗
  • つきゆり
  • 2017/06/19 11:02 PM
ぼんやりとでも立ち止まって考える時間、大切ですよね。
私にも必要と思いつつ、今はイベントに追いまくられて‥なかなか思いが果たせないでいます。
観察力が無い、オマケに勝手な性格なので(笑)模写は大の苦手なのですが。
‥そもそも、丸筆も苦手だった。(爆)
でも、きっと、その先に何かが見えて来そうです。
つきゆりさんの姿勢を見習わなければ!と、思います。
  • リトルガーデン
  • 2017/06/19 10:26 PM
bossさま
KPM、みればみる程、可憐で素敵な色合いの中に描き手の「力」を感じます〜
本物はすごいですね。
画集も良いけれど、実物を前にするといろんなことがわかりますね。
ホント、気持ちが大切ですよね、一歩ずつでも前進したいです〜
そしてお手本の実物も増やしたいですっ
ハードル高いですけど・・・
  • つきゆり
  • 2017/06/19 5:45 PM
KPMの光と影、複雑な色合い、本当に説得力が有りますよね。
本物は絶対に敵わない力を感じます。
本物を見て近付きたいと思う気持ちが大切かなぁと私は思っています。
つきゆりさんは、その観察力と実力でつきゆりさんの作品作りをしてらっしゃる気がします。
  • boss
  • 2017/06/19 8:08 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

絵付け にほんブログ村

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM